iOS13でWindows10へSMB共有を使って写真やムービーを送る方法

小ネタ

こんにちは。ふうブログ管理人の ふう です。
皆さんはiPhone使っていますか?
僕はMacは止めましたが、スマホはiPhoneのままです。

先日リリースされたiOS13ではファイルアプリからUSBメモリやSMBサーバへ接続できるようになりました。
この機能はWindowsとiOSを使っている人にとってはかなり大きなアップデートになると思います。

という事は今までDropboxなどのクラウドサービスを経由しないと不便だったWindowsへのデータコピーがかなり簡単になります。
クラウドサービスは同期完了するまで待つしかなく、すぐに欲しい時はメールで送るなど、別の手段が必要になると思います。

今回からSMB接続ができることによってファイルの受け渡しが簡単に出来るようになりました。
実際にやってみましたので、手順を記載したいと思います。

まずは iPhone側はWi-fi、Windows側は有線LANもしくはWi-Fiで同じルーター内のネットワークへ接続します。

Windowsでファイル共有の準備をします。
共有したいフォルダを選択し(ここでは「iPhone」フォルダとしました)、右クリックでプロパティを選びます。

プロパティ
共有したいフォルダを右クリックして「プロパティ」をクリック

次に共有をかけます。

共有
「共有」タブをクリックし「共有(S)…」ボタンをクリック
共有
「共有(H)」をクリック

これでiPhoneフォルダへ所有者権限で共有が開始されました。

iOSからの接続先であるWindowsのipアドレスを調べるには、「Windows」キーを押し「cmd」と入力します。次にコマンドプロンプトを開き「ipconfig」と入力します。

cmd
「ipconfig」と入力
WindowsのIPアドレスが表示されます。

次にiPhoneへ移り「ファイル」アプリを開きます。
右上の…から「サーバへ接続」を選びます。

右上の「…」をタッチして
下から出てきた「サーバへ接続」をタッチ

ここで先ほど調べたIPアドレスを入力するのですが、かならず先頭に「smb://」を付けて「smb://192.168.1.30」の様に入力してください。

※追記 先ほど設定した「iphone」フォルダが見えない場合、「smb://192.168.1.30/iphone/」のように入力してみてください。

サーバ欄にIPアドレスを入力

その後Windowsへのログイン用のIDとパスワードを入力して準備完了です。

後は写真アプリなどから送りたい写真やムービーを選択し、共有をタッチします。

下の方までスクロールし「”ファイル”に保存」をタッチします。

先ほど入力したipアドレスが表示されているはずなのでそのIPアドレスをタッチします。

すると先程Windowsで作成した共有フォルダが表示されるのでタッチして保存を選択するとデータのコピーが始まります。
無事にファイルをWindowsにコピーできたでしょうか?
無事にコピーが完了すると下記のようにWindowsで共有フォルダに設定したフォルダにデータが表示されると思います。

一つ注意しないといけないのは、上の画像のように HEICやHEIF(H265) で撮影したデータは、自動変換設定をしていても、SMBでの送信時にはJPGやH264に変換されません。

これを解消する方法はなさそうなので、元の保存形式を変更しておくか、HEICやHEIFを編集することができるアプリケーションをWindowsにインストールする必要があります。
複数枚を一括でコンバートするにはフリーウェアの iMazing HEIC Converter を使用してから別の画像編集ソフトに持って行くか、 GIMPを導入して編集まで一括でするのが便利かと思います。

このことを踏まえてもクラウドサービスを経由せずにiOSからWindowsへデータを直接送信できるようになったのはとても大きなことだと思います。
最初の設定さえ終えてしまえば次から簡単に送信できるようになりますので、これまでデータ送信に苦労されていた方は是非設定してみてください。

上記手順を試しても接続できない方はコメント欄からお願いいたします。
またやり方を探ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました